欲しいものはきちんと頼もう IN バリ

  09, 2014 14:01
蚊取り線香の行方

バリに持っていく必需品0001
バケツをひっくり返したような。
そんな表現がピッタリのスコール。1月に訪れたバリは雨季。
ホテルの中にいたときに、ちょうどそんな雨が降っていました。
でも、長くても20分程度でしょうか。すぐに晴れてしまいます。

雨季ではあっても、日本のように一日中なんてことはなかったです。
雨も2回ほど降ったのをホテルから眺めただけ。

でも、この時期だからこそ、フルーツが旬なので美味しいですっ!!
そして日本は冬。寒い場所から半袖で過ごせるリゾート!
やはり南国へは冬に行くに限ると思います!!

バリの思い出0002

バリのホテルではNHKが1時間差くらいで放送されていました。

前回の記事で蚊取り線香とライターを持参すべし!と書きましたが、
もう1つ。
蚊取り線香置き場を確保すべし!!
と 記事を書いていて思い出しました。


だって、蚊取り線香を点てるための容器って、
重いから普通持っていかないですよね。
バリの思い出0007
こういうのとか。
バリの思い出0008
こういうの。(笑)

で、ろぼたんとTokEが持っていったのはこれ。
バリの思い出0009
蚊取り線香をたてる機能がついているだけのもの。
でも、これだと灰の行き場がないのです。

おそらく、ホテルで頼めばよかったんでしょうけれど、
ろぼたんとTokE、あるもので何とかしようとしたんですよね。

床が大理石だったから、灰が落ちても燃えない・・・
なんてことはやはりできないので、部屋の中を物色して
目に付いたのは、これ。
ウェルカムフルーツの入ったお皿。
これが喫煙ルームだったら灰皿も用意してあったんでしょうが・・・。
もうこれっきゃないよね!!
フルーツをドババババって避けて
蚊取り線香を点てたのでした。
バリの思い出0006

ステキなお皿なのに~。
食べるものがのっていたのに~。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

次からはホテルの人に灰皿を頼みます。
関連記事

Comment 0

What's new?