支笏湖散策 と 山線鉄橋

  29, 2014 12:00
山線鉄橋をアチコチから眺めてみた

支笏湖で散歩トコトコ0001
アメンボでまた自転車を漕ぐという行為をしてしまった
ろぼTokE夫婦。
少しお散歩してクールダウンをすることにしました。

支笏湖で散歩トコトコ0002

実は アメンボに乗っていたときから、
あの朱色の橋が気になっていたんですよね。

支笏湖で散歩トコトコ0003

ただの鉄橋と思うことなかれ!!
明治の末に作られた物資運搬用の軽便鉄道の名残なんです。
その頃の切符には
「人命の危険は保証せず」と 書かれてあったんだって!!
ちなみに山線は「やません」と読みます。

支笏湖で散歩トコトコ0014

今では近代化産業遺産に登録されているもの・・・らしい。
この橋は千歳川が支笏湖にそそぐ河口にかかっているのですが、
そこからの景色、そして、その橋を眺める景色がろぼたんは気に入りました。

支笏湖で散歩トコトコ0015 支笏湖で散歩トコトコ0016

支笏湖で散歩トコトコ0017

支笏湖で散歩トコトコ0019

支笏湖で散歩トコトコ0005
水の輝きがとてもキレイでした。

ご当地マンホール

支笏湖で散歩トコトコ0008
国内旅行で最近注目しているのがこのご当地マンホール。
その地域を代表する名産や名物をこの1つの蓋で表現してくれていて
センスと創意工夫がいつも面白いとうなってしまうものの1つです。

支笏湖で散歩トコトコ0004

ビジターセンターで自転車返却

自転車のバッテリーを交換したんだからと、少しだけ自転車に乗ったのですが、
疲れもあったし、何より帰りのバス時刻がせまってきていたので
自転車をまずは返却し(保証金2人分の6千円を返却してもらい)
ちょっとだけよってみたビジターセンター。

支笏湖で散歩トコトコ0012
トイレもキレイでたくさんあって、ちょっとした休憩スペースもあり、
支笏湖で散歩トコトコ0023
支笏湖の歴史、周辺の植生、動物といったものの説明が
わかりやすく、展示してあり、動物にいたっては
熊からウサギ、狸、狐などなど剥製もいっぱい。

支笏湖で散歩トコトコ0022

支笏湖で散歩トコトコ0021 支笏湖で散歩トコトコ0024
鳥の剥製はその下のボタンを押すと鳴き声が確認できる仕組みに!!

支笏湖で散歩トコトコ0009
そして支笏湖といえば、ちっぷが有名なんですが、
わかりますか?

支笏湖で散歩トコトコ0010 支笏湖で散歩トコトコ0011
ウグイとヒメマス(ちっぷ)の違いは・・・
アブラビレがあるかないかなんだって。

そうこうしている間に帰りのバスの時刻です。

支笏湖で散歩トコトコ0020

どんなに頑張っても温泉に入らなければ、
1時間もあれば支笏湖の駐車場付近の主だったものは見尽くしてしまう。。。

支笏湖で散歩トコトコ0025 支笏湖で散歩トコトコ0007

なので、1本逃すと2時間後というのはちょっとツライので、
15時50分のバスにろぼTokE、乗り込んでまずは千歳駅まで帰ります。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

自転車で2時間かかった道のりは
バスだと30分もかかりませんでした。
千歳の市街地をグルグルまわっての時間なのでまっすぐ駅にいったら
もっと時間はかかりません・・・。
関連記事

 マンホール

Comment 0

What's new?