近代化産業遺産 レトロな夕張鹿鳴館(2)

  24, 2014 12:00
迎賓館 としての風格漂う 夕張鹿鳴館

夕張鹿鳴館0013
敷地面積が東京ドーム1.5個分という広大な敷地にたつ
夕張鹿鳴館。
昭和天皇や宿泊当時は皇太子でいらっしゃった天皇陛下も
お泊りになったこともあるという由緒正しい宿泊施設で、
今はオーベルジュとして一般客の宿泊もレストランとしての利用も可能です。
見学のみの開放もしています。

夕張鹿鳴館0018
ちょうどお昼時にいったため、受付に人がいませんでしたが、
ベルを鳴らすとすぐに人が来てくれて、入場料を払って見学開始。
いい匂いにつられそう・・・。

夕張鹿鳴館0021
調度品も重厚なものが多かったです。
見晴らしは抜群!!
夕張鹿鳴館0012

夕張鹿鳴館0010
お外は芝の緑がどこまでも広がっていくような感じです。
実際に皇室の方がむか~し、宿泊されたお部屋は見学用となっていて、
当時の豪華さがしのばれました。
夕張鹿鳴館0015

夕張鹿鳴館0028
最初は純和風な造りなのかしら?って思ったのですが、
建築自体は外観及び建物の配置や鳳凰の透かし彫りの欄間のある十五畳間など
格式高い近代和風建築の様相をしているのですが、
洋室もありましたし、2階はまたガラリと雰囲気が違いました。

夕張鹿鳴館0017
2階へと続く回廊は窓がステンドグラス!!
夕張鹿鳴館0016 夕張鹿鳴館0029
ちょっと時間がかわるだけで、光の入り方がかわって、
キラキラとステンドガラスから太陽の輝きを楽しむことができます。
夕暮れになったら今度はランプがまた違った味わいをかもしだしてくれそう。

夕張鹿鳴館0020
一番奥には チャペルも。
ちょっと時間帯のせいか薄暗くて、ほんの少し怖かった・・・。

夕張鹿鳴館0019
ランプの数はなんと150点もあるのだとか。
ひとつひとつがお花だったり、昆虫だったりと華やかで見ていて楽しかったです。
夕張鹿鳴館0030
ランチに来られている方は多かったようですが、
ろぼたんたちのように電車で来た人はゼロでした。
ここでランチを考えられる場合はお車で!!

約40分の見学を終えて また徒歩で鹿ノ谷駅に戻ります。
帰りにTokEがジーッとカメラを抱えて動かなくなったから
どうしたのかな~と思ったら てんとう虫を撮っていました。

夕張鹿鳴館0031

幸せを運ぶんだよ♪嬉しそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

本数が少ないと 途中下車は時間に追われて
ちょっとせわしないですが、楽しいです!!
関連記事

Comment 0

What's new?