芸術の森で紅葉狩りをしつつ野外アートを鑑賞!

  16, 2014 06:00

芸術の秋を野外で満喫!札幌芸術の森


芸術の森0002
芸術の森ってちょっと札幌の市街地からは距離があるのと
バスか車じゃないと行けないという交通手段が限られることから
なかなか行く機会がなかったんですよね。

夏は サッポロ・シティ・ジャズやPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)の
会場としても利用されていて、まさに札幌の芸術文化の発信基地!!

前衛的すぎる作品はちょっと・・・・・・??という状況に陥ることもありましたが、
今回は芸術の秋を楽しんできました♪
早足でまわったとしても、一応写真に撮ってきたりすると
広大な敷地内を見学するには、
1時間くらいはかかります。

そんな中でなんとなく気になったいくつかを
今日は紅葉の様子とともにご案内します!!

芸術の森の気になる0011

じゃあ、行くよ!?

むこうに見え隠れしているのが、「目の城’90」
目の奥側に行って覗き込んだところを写真に撮るのがお約束。

一番規模が大きい展示は
「隠された庭への道」 という作品群で

芸術の森の気になる0012
7メートルの「門」をスタートとして、
「隠された庭」まで「7」という数字にこだわって作られていて
隠れた「7」を探し出すのが面白いです。

芸術の森0008

「7つの泉」。
7つの泉の枠の中の噴水の数や水のタイミングも7がかかわっていました。

「日時計」、「円錐」、「水路」ときて
また 「門」。

芸術の森0010
ろぼたんが注目したのは門の下にある丸い白いもの。
水鏡は色とりどりで白くない!!

芸術の森0011
反射が面白いっ!!

芸術の森0007

よくパンフレットなんかにもなっているのは
「椅子になって休もう」 という奥に見える黄色い作品です。

芸術の森の気になる0001
この手前のステンレスの箱みたいなものは、
「ウレシクテ アノヨト コノヨヲ イキキスル」という作品です。
この枠の中に入って空を鑑賞するというものらしい。
TokE、鑑賞のパンフレットを見ずに中に入って写真を撮っていました~。
おぉ~。作品を理解したのかっ!?
なんとなく撮ったのか!?

芸術の森の気になる0008
そして誰もがこの先頭にたって手をあげて写真を撮りたくなってしまうこと
請け合いの作品ですが・・・

芸術の森0014
後ろからもいい感じです。最後の椅子になってみませんか?
太ももプルプルプルプル・・・・

芸術の森の気になる0005
「二人の空」 という作品は
どうみても隣・・・あいてますよね??
座れってことですよね??

と座ってみたり。

芸術の森の気になる0013
この2人は何を見ているのかと覗いてみたり。

芸術の森の気になる0014

芸術の森0012 芸術の森の気になる0004

わかる作品もあればよくわからない作品もあったり。
芸術の森0023
74点もの作品が広い敷地に点在しているのと、
道のアップダウンもかなりあるので運動靴でくるのがいいかも。

ちなみにココ、冬もやっていて
その場合、かんじきを借りて散策できるんだって。
冬場は入場無料らしい。

芸術の森0016
ステンレス製のものやブロンズ像なんかが多かったのですが、
自然と一体となっている作品がより魅力的に感じました。

芸術の森0017

ん?

芸術の森0018
あの先端に!?行くの!?

芸術の森0022

芸術の秋、満喫しましたっ!!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

次はレストランやカフェを利用したい。

関連記事

 美術館

Comment 0

What's new?