02☆ニッカウィスキー工場、ガイド付見学の申込と見所

  01, 2014 06:00

ウィスキー工場見学への申込方法


ニッカ見学参加0005
ニッカウィスキー工場、今まで車で来たことはあったのですが、
電車できたのは初めて。
正面玄関から入るとすぐ横に受付があり、
そこで申込ができます。
申込方法は簡単!その場で見学希望といって代表者と参加人数を記入するだけ!

次回は○時からですので、事務所でお待ちください。
は~い!

ニッカ見学参加0002 ニッカ見学参加0003

最近、『近代化産業遺産』という文字を行く先でよく見かけます。

ニッカ見学参加0006
事務所の中には売店と待合室と化粧室、コインロッカーがあります。
コインロッカー・・・実は余市駅のものを利用してきたのです。
余市駅に戻る予定だったので、今回は問題ないけど、
バスだったらここのロッカーを利用するのが便利そう。

余市駅のコインロッカーが小¥300 8個 、中¥400 3個
ニッカは中¥100 8つです。

ニッカ見学参加0001
30分おきにガイドツアーが開催されます。
5分前。ふふふ。一番乗りです!

ニッカ見学参加0007
待合室では記念スタンプを押したり、売店の商品を見たりしながら出発時間を待ちました。

工場見学中、印象的だったのが、使い終わった後の樽の利用法。
上のスタンプ台にも利用されていましたが、
ニッカ見学参加0017
イスにしてあったり、ゴミ箱にしてあったり。

ニッカ見学参加0018
工場内のオブジェにしてあったり。
こうして利用されないものについては、ウィスキーをつくるときの燃料として
使用するのだそうです。

ニッカ見学参加0008 ニッカ見学参加0014

最初のガイド付き見学は15名程度の参加人数でしたが、
その後、後と続く人数はどんどんと人が増えていてその人気ぶりに驚きました。

ニッカ見学参加0015

ウィスキー工場の見所 文化財建造物


ニッカ見学参加0016
歴史的建造物でもあり、実際にまだ蒸留所として利用されているところもあり、
全ての中が見られるわけではないのですが、
特に蒸留棟と旧竹鶴邸はまさにドラマの舞台!という雰囲気で
歴史を感じるものでした。

では、ガイドさんの後について
見学スタート!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

マッサン録画だけしてみてない・・・
早くウィスキー作らないかな。

関連記事

 余市 ニッカ

Comment 0

What's new?