キラメキハンターがキラメキ失敗したのはココ!

  26, 2014 00:14

年の瀬ですね。


きらめけない?0001
今年の冬は長期のお休みの都合がつかず、
札幌近くをウロウロしています。

そんな中で12月初旬に出かけたのは小樽
小樽運河が「青の運河」になっていました。

でも、写真の撮り方で全然違う雰囲気になります。

きらめけない?0009
ね?ほとんど青くない。青くない運河。
正確にいうなら1番目の写真と2番目の写真の間くらいに肉眼では見えました。
カメラってすごいね~。

何枚かパチパチと撮っていた中に、綺麗に青が撮れた写真があって
これはキラメキハンターだな!って思ったろぼたん、調子にのって
「たびねす」にアップしました。
⇒ 『小樽でキラメキハンターになるっ!宝石空間・小樽徹底解剖!!

12月25日で今年の青の運河は終了しているので、
青い運河が見たい人は、来年行ってね!(←ごきげん日記では全くガイドにならないろぼたん)

運河自体は年中無休でライトアップしているので
ハリーポッターのような雪をかぶった古い倉庫群が浮かび上がる景色を
冬の間は見ることが出来ます。

きらめけない?0010
ただ、冬の間は雪が積もっているので歩くのは結構大変です。
小樽は坂の町なので、凍っている路面なんかは道産子もキツイです。

きらめけない?0002
たびねすの記事ではアップできませんでしたが、
運河近くにはきらめく2つのツリーがあって
外にあるのが浮き玉ツリー。

きらめけない?0003
雪が積もってますが、ガラスの浮き玉にライトが点灯されています。
これは漁業に使われるガラス製の浮き玉200個に電飾を施したもの。
小樽のガラスは有名ですが、こんな使い方をしたのか~。と思いながら見てきました。

そして、夜に外から見ればよかったのに、
建物が閉まっているからと昼に訪れたのはこの浮き玉ツリーの隣にある建物、
運河プラザ。

きらめけない?0004 きらめけない?0005 きらめけない?0006

そう。昼にいったら・・・ライトがついてませんでした!
キラメキハントならず!

きらめけない?0007

いや。綺麗なんですけどね。
グラスに水がはってあってそれにライトが点灯して青く輝くんです。

きらめけない?0008
角度をかえてみたらちょっと片鱗が・・・。

展示されているグラスの数は2,000個、高さは3.5m。
流れる水に灯されるライト。

想像と妄想をいっぱい膨らませてみてくださいね!(想像力がない人はコチラ
このワイングラスタワーは1月18日まで。

宿泊したホテルからも近かったのに、
点灯した様子を見られなくて残念でした。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

クリスマスの記事を書こうかと思っていたら
クリスマスが終わっていました。


関連記事

 小樽 夜景

Comment 0

What's new?