カザマで『アリゴディナー』を食べた!

  17, 2015 12:15

カザマの『アリゴ』はよく伸び~る!


Robo2015101711182233.jpg

昨年、札幌のフレンチレストランカザマのプチディナーを
半年間にわたって堪能しまくったろぼ家。
1年ちょっとフレンチから遠ざかっていましたが、
久しぶりにやってきました♪

それも10年近く、目をつけていた
『アリゴ』を食べに。
結婚する前からメニューにあった『アリゴ』。
気になっていたんです…。

しかも今回は、秋の特別メニューとなっていてお得な感じ♪

Robo2015101710273520.jpg
前菜は 花咲蟹と魚貝のスープ仕立て、サフラン風味
カニの身もとてもむきやすくしてあって、魚貝の旨みがたっぷりのスープが嬉しい。
白ワインでいただきますよ♪

え?TokEは今日、車で来たから飲めないの?
可哀想に・・・
ろぼたんがかわりに飲んで、実況してあげる!
(い・・・いらない・・・byTokE)

Robo2015101711171729.jpg Robo2015101711171832.jpg

そしてお目当ての『アリゴ』の登場!
マダムもお写真の準備はいいですか?と 見せ場を作ってくれて
二人で大盛り上がりで写真を撮らせていただきました♪

ホントよく伸びるんですよ~。びゅ~~~~んって。
このお料理は目の前でお皿にサーブしてくれるパフォーマンスが楽しいです。

Robo2015101710273526.jpg

アリゴ・ホッカイドウの付け合せは道産豚肉ソーセージとレンズ豆のラグウ。
煮込みのレンズ豆との相性もいいです~。
アリゴ自体が素朴な味で、北海道のチーズをつかっているせいか
チーズとジャガイモの組合せなのに軽い感じ(そこが危険…ともいう)
葉っぱの形になったアリゴ…。
半分ずつ取分けていただきました。

Robo2015101711171731.jpg Robo2015101711171730.jpg

メインは二人ともお肉をチョイス。
(個人的な好みではカザマではお魚も美味しいけれど、お肉がアタリ♪)

Robo2015101710273523_20151017103136a42.jpg
ドンブ産ウズラ1羽、栗とキノコのリゾットを詰めたロースト仕立て、葡萄のソース

このお料理は、ストウブをつかってじっくり火を通したウズラ丸々一羽。
そしてローストされた鶏の中には
なんと…栗ときのこのリゾットが詰まっているんです♪

Robo2015101710273524.jpg
鶏のローストに詰め物が詰まっているっていうだけで
もう幸せなクリスマスを想像しちゃいます。(クリスマスで食べたことは実際にはない)

葡萄の味がまたいいアクセントで
ソースもおいしい。秋がいっぱい詰まったお料理でした。
はぁ~。おいしい~。

そして少し酔っ払って、スプーンを落とした~。
わ~。落ちた~。テヘ~。(ただの酔っ払い)

Robo2015101710273525.jpg
デザートもちょっとステキな秋メニューをチョイス。

余市産ブランデーワイン梨のロースト、黒胡椒とスパイスの香り、キャラメルのアイスクリーム添え

見た瞬間、絶対おいしいと確信しました。
いい香り~。
ブランデーワイン梨とは梨の名前でマッサンで有名な余市町特産の梨のこと。
白ワインと水、お砂糖、バニラやスパイス、オレンジやレモンなどでコンポートした梨に
黒胡椒が効いて大人な味!

フライパンでバターとお砂糖でカラメリゼして
梨のリキュールを入れて焼き止めしたものをオーブンでローストしてから
提供されるので
このデザートをチョイスしたい場合は注文から10~15分はかかります。
先に申し出ておくといいかも。

TokEは余市産ブランデーワイン梨のタルト、木苺のソルベ添えを注文していて
もちろん美味しかったけれど、
断然、洋ナシ丸ごと感が楽しめた ろぼメニューがオススメです。

Robo2015101712104434.jpg
珈琲でしめて。
贅沢な時間を過ごしました♪

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

今回はテンションが上がって、「ワーイ!おいしそう!」と
何度か写真を撮り忘れそうになるところを
マダムが「写真は大丈夫ですか?」とさりげなくフォロー。

食い気が勝るって…つまりこれは、ブロガー失格ですね。。。

関連記事

 札幌フレンチ 季節を味わう

Comment 0

What's new?