スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌エルムガーデン 冬の風物詩「アイスバー」へ!

  22, 2016 07:00

札幌エルムガーデン 「アイスバー」へ行ってみた!


Robo201601212211100.jpg
スゴイです。アイスバー。
すっごくオシャレでこの時期しか体験できない空間に
かなりテンション高くなりました。

ただし、氷で囲まれた箱の中・・・。
つまり、ある意味、自分がアイスになった気分になれる、自然の冷凍庫。
とても寒いので、かなり温かい格好をしていかないと
耐えられないかと思います(笑)

Robo201601212211101.jpg
場所は札幌伏見の閑静な住宅街。
領事館系の建物も多い札幌ではハイソな地域、そんな場所にあるエルムガーデン。
やはりここも札幌では高級レストランで、
一流ホテルと同様に、サービス料がかかるというスペシャルなお店です。

1000坪の庭園を要し、
春夏秋冬のイベント(流し素麺とか蛍鑑賞などなど)を通して、
目でも、お食事でも日本の美を味わえるっていう、このレストラン、
ろぼたんが一言で説明すると

「風流ってこういう感じ!」と外国人に教えるのに便利なスポット(笑)
(風流とはなんぞやって言ってしまったせいで、もう風流感ゼロですけど)

昨シーズンからアイスバーをはじめたというお話で
ろぼたん、夫と突撃してきました♪(風邪ひきの夫と…)

Robo201601212211103.jpg

大きさは10数名でいっぱいになるくらいではありますが、四方を分厚い氷のブロック塀で
囲まれた氷の直方体。

バーカウンターをはじめ、テーブル、ソファも・・・氷!

Robo201601212211107.jpg
ソファには、毛皮シートがありました。
ソファと壁の色、透明すぎて、一体化して見えます…(写真、失敗)

Robo201601212211106.jpg

カクテルだって本格的で、バーカウンターでシェイクされて
氷を削った氷グラスで提供されます。
Robo201601212233409.jpg

持った手が凍りそう?
大丈夫ですよ!手袋貸してもらえますよ!(笑)

お食事利用者は、ワンドリンクと焼餅つきで 
アイスバーは1杯1,000円。決して安くはないのですが、
お餅は炭火で焼いたものをその場で♪
Robo201601212211104.jpg

っていうか、これで色々焼きたい~。
お餅以外も焼いて食べたい…。

Robo2016012122334010.jpg

氷じゃないテーブルもあって、そこで温かい食べ物はいただきました。
(氷の上だと、速攻冷えるので)
蟹汁はランチタイムのサービスです。

みたらしと野菜味噌ディップでいただくお餅。
野菜味噌ディップがお気に入り。

Robo201601212228108.jpg

建物は最初に四角の箱を作ってから、最後に戸の部分だとかを削って作るのだそう。
初めてのアイスバーだったので、色々質問させていただきました。

「正直、建物の建築代の方が
この期間のバーでの飲食代よりもずっと高くて、採算は全くとれない」
とのこと。氷代や建設費用を伺うと、若手の職員の給与1年分くらいでした・・・。

でも、こういうことを札幌でやっている、そういう場所を提供している
ということに意義を感じて続けているのだそう。

夜は青くライトアップされるとのことで、
もっと幻想的になって雰囲気もいいだろうな。

個人的に気になったのが、
接客を担当してくださった方がピシっとスーツでキメテいて、
上着(コート)を着たりはなさらなかったことで・・・

「寒いでしょ?」って言っても 「いいえ。大丈夫です。」
「いやいや結構キテるでしょ?」って言っても、「いえいえ、ヒートテック2枚は重ねてますけど」
って涼しい顔。

「本当に寒い日に長時間となると、
お客様と我慢比べのようになりましたが、このくらいは平気ですよ!(笑)」
ですって。プロ根性を見たっ!

Robo201601212304140.jpg
↓下はメニュー。 クリックで大きくなります。
1-DSC_1353.jpg

ここでは、HOTドリンクとノンアルコールのカクテルをいただきました♪

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

この氷の透明さを出すために、氷屋さんに特注して作った氷を
何週間もかけて組立て、削って、磨いて、建物にしているというお話。
確かに、この透明感は普通に凍らせただけじゃできないもんな・・・。

札幌エルムガーデン 期間限定 アイスバー ランチで伺いました♪

関連記事

 季節を味わう 札幌の観光名所 札幌和食グルメ

Comment - 4

花音  

No title

ここ行ってみたいです~♪
すごい透明で綺麗な氷ですね!
綺麗だけど、寒くてそう長くはいられないかな(^^;)
氷のグラスのカクテルは直接口をつけて飲むんですか?
冷たそう!!

Edit | Reply | 
うみねこ  

そうそう・・・

このカクテル、この器でどうやって飲むの??
ストローとか?
じか飲みは辛いものが・・・。
直の水博士か?(謎)

でもこれでレッドブルを飲んだら美味そうだ!

Edit | Reply | 
ろぼたん  

花音さんへ

氷のグラスは直接口をつけて…なんですが、
実は思っていたより 冷たさを感じません。

もちろん冷たいことには冷たいのですが、冷たすぎないというか。
もっとキーンと冷たいイメージがあったのですが、
グラス自体はドリンクを入れると1時間くらいしかもたないそうで
少しずつ融けていくようです。

氷ってもっと白いイメージがあったのですが、
特注だからなのかとても澄んでキレイな空間でした♪

Edit | Reply | 
ろぼたん  

うみねこさんへ

じか飲みでクイっと言って下さい♪(笑)
氷の壁のブロックを作っている同じところに特注されているそうです。
昨年よりも容量が増えて、バージョンアップのグラスなんだとか。
(昨年は細いグラスだったそう)

これはちょうどレッドブルを差し入れした日に行ったので
グラスもらってくればよかったですね!(笑)
あ。でも、1時間しかグラスはもたないんだった!

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。