室蘭の夜景クルーズ&展望台からの眺め

  12, 2016 23:57

「室蘭ナイトクルーズ」の裏話 (たびねす


Robo201605122303218.jpg
そろそろ暖かくなってくるので、いいシーズンかな?と思って
たびねす」で室蘭夜景と夜景クルーズをご紹介しました。
甲板に座って出港!大迫力の工場夜景・北海道室蘭ナイトクルージング

揺れる船の中ではコレが一番キレイに撮れたような気もする工場夜景。
でも・・・「たびねす」で使うこともなく、ブログでご紹介。
なんとなく臨場感のある写真の方がいいかな~って思って、
今回の記事では、自分で撮影したキレイめな写真は使わず、
実際の雰囲気が伝わる写真をセレクトしました。

写真だと全体の一部を切取ることになるので、写真マジック(写真に撮るとキレイなのに…)が
できちゃうこともあるんですよね。
毎日のように見ていた景色だからこそ、盛りすぎず
でも、実際このくらい綺麗に見えるときもあるってことで、そこは腕がないので
室蘭市から写真をお借りして綺麗な夜景は紹介しました。
murorann0001.jpg
写真の提供を受けるとこんな感じ。↑(室蘭市から借りました)

ろぼたん&TokEが実家近くの展望台から撮るとこんな感じ。↓(手持ち撮影)
Robo201605122303219.jpg
しょぼーん。
この日は風が強くて三脚立てる気にならなかったのです。

Robo201605122237021.jpg
たびねす」使った船の写真は出港前でしたが、こちらは下船後に撮ったもの。
思っていたよりもこじんまりとした船で、中のほうにも入れるようでしたが、
このデッキのちょっと盛り上がっている床の一番前に座っていきました。
一番前っていってもどこを前とするかによりますが、たいていの人は
一列目に座れると思います。
(ブランケットとか貸出しもありますが、真夏だったので使用しませんでした)

Robo2016051223032212.jpg
夏休みがベストだとは思いますが、お盆真っ只中は
オススメしません。(ろぼたんはお盆真っ只中に行った)
というのも、お盆期間は工場もそんなにフル回転してないので、
保安灯はもちろんついていますが、工場の明かりが一番少ない時期ともいえるからです。
でも、この写真程度には楽しめます。

muroran0002.jpg
実際はこんな感じなので、これを逃すのはもったいないかな。(↑もちろん室蘭市から借りた写真)

右の山の上に色鮮やかな爪楊枝みたいのが見えますか?
これ、測量山(ここから眺める夜景は日本夜景遺産にも入っています)のライトアップです。
4000円で一晩、ライトアップしてもらえるという
市民参加型なの。

子供の頃からやっていて、ず~~~~っと点灯し続けています。
ろぼの亡くなったお祖父ちゃんも申込んだことあって、
ライトアップに参加したこともあるんですよ。
家族みんなでベランダにでて、
「お祖父ちゃんのライトアップ~。」って言った記憶があります(笑)

同じ日に複数申込があったら、その費用は後日のライトアップにまわされるといえ、
「キミのためにライトアップ♪」「結婚記念日ライトアップ♪」
「卒業記念ライトアップ♪」などと わりと参加しやすいお値段ってところもいいし、
室蘭市は湾になっているから、市内のたいていどこからでもこの山が見えるってところもいいのです。

Robo201605122303205.jpg
クルーズでは、普段「白鳥大橋」は渡ることはあるけれど、くぐることはないので、
そこがとても新鮮でした。

展望スポットがたくさんあるので、
工場夜景だけでも単独で書こうかなとも考えていますが、
同じテイストの記事ばかりだとつまらないと思うので
しばらく時間を置いて、写真を撮りなおしたり趣向を変えたりしつつ
ご紹介できればと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

昨年、ブログでこのクルーズの紹介をしたときに、
「いいところは春に書こうと思います」って書いていたけど、
そんなに前回と変わらない?かも。。。

ブログでもたびねすでもご紹介したいネタが最近たまりっぱなしなので、
週末、頑張りたいっ!たいっ!たいっ!(←気持ちの表れ)

関連記事

 季節を味わう たびねす

Comment 2

よしお  

こんにちは

キレイに夜景が撮れてますねぇ(^。^)
お疲れ様です。

Edit | Reply | 
ろぼたん  

よしおさんへ

ありがとうございます!e-68

Edit | Reply | 

What's new?