空港ホテルってやっぱり便利!エアターミナルホテル 

  07, 2016 08:00

エアターミナルホテルで新千歳空港を満喫 


Robo201606051811395.jpg
空港ホテルってやはり空港に近いほど便利ですよね。
ちょっとした休憩でホテルを使うだなんて、贅沢だなって思っていたんですけれど、
羽田のファーストキャビンくらいだと、喫茶店で時間をつぶすより体がずっと楽だし、
お得に疲れず旅を楽しめるから、
身体を休める時間と空間をお金で買うっていうチョイスもありなんだな
って思いました。

そんなこんなで、新千歳空港にはまだファーストキャビンはないけれど、
新千歳空港温泉とエアターミナルホテルがあるっ!っていうことで
取材をかねて宿泊してみました♪

Robo201606051811380.jpg

お部屋は思っていたよりも広くて、壁とか綺麗にメンテナンスされています。
ところどころ古い設備もありますが、全体的な印象を左右する大きな部分が
新しくキレイになっていたので、古い部分は目立たない。
床とか壁って部屋の印象を左右するんだなって
妙に思いました。(宿泊とは何の関係もないけど!)

逆に古くていいなって思ったのがラジオの放送(有線とか)チャンネルを回すタイプのであったの。
レトロなんだけれど、テレビっ子じゃないので
こういうの好きなんですよ~。

Robo201606051811391.jpg
お風呂とトイレと洗面台。
ちょっとここもレトロな雰囲気ですが、形状としてはとても使いやすい。

温泉にろぼたんは入りにいったので、ここのお風呂も使わず・・・。
実はろぼたん、ホテルを決めるときの決めてで
温泉があるとか大浴場があるっていうのがポイントの5番目くらいにあったりする。

立地、価格、快適な広さや設備はあるか、
ご飯(そのときのチョイスによるのでこれは重視しないこともある)、
そして大浴場の有無 このあたりがポイントかな。。。

そして、何かココにしてよかったというような
目玉、ポイントがあるとなおいい!
景色とか、名物料理とか、珍しい体験とか。

もちろんそのときの旅で何をメインとしているのかが一番最初にくるのですけど。

Robo201606051811392.jpg
朝は無料でいただけて、向かって左側が洋風、右側が和風なお食事があります。
ビュッフェ形式です。

Robo201606051811393.jpg
ろぼたんはサラダとヨーグルトメインに軽めにいただきました。
え?軽くない?

Robo201606051811394.jpg
夫の2周目、和食。
夫は和風の方が好みとのこと。
洋食は昔の学校給食を思い出しました。
食べても食べなくても無料だし、珈琲とヨーグルトだけとか、サラっとお粥だけ
みたいな使い方もありだと思います。

でも、朝早いときにご飯があるかないかってけっこう重要だと思うので、
サラダなんかをたっぷり食べられるのは嬉しいポイントです。

Robo201606051811396.jpg
そして、食後は空港内をたっぷり探検しましたよ。
慌てて買い物をすることが多い空港ですが、ゆっくりじっくり見られて楽しかった!

Robo201606060012132.jpg
このホテルは宿泊者は無料でこの新千歳空港温泉を利用することができます。
ちゃんと温泉なのでなかなか嬉しい。

実はこの新千歳空港温泉の中にも宿泊できる部屋とか
24時間のスーパー銭湯のように仮眠可能なイスとかがあったりします。(深夜料金かかります)

Robo201606060012131.jpg
浴衣(作務衣)やタオル、バスタオルも入館料の中にセットされています。
エアホテルターミナル宿泊者は浴衣の貸出しはないけれど、
タオル、バスタオルはついています。

しかもタオルなんかは一度利用して濡れたら新しいのに交換できます。

Robo201606060012130.jpg
こちらが仮眠室。
このイスひとつひとつにテレビがついています。女子専用の部屋もあります。
もちろん空港なので、番組の1つは飛行機の発着確認(搭乗口案内)ができます。

このイスに座ったら最後、動きたくなくなる気がするので、急いで部屋に戻りました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

このホテルもたびねすで記事にしました。
⇒ 北海道で最も便利!?新千歳空港に直結「エアターミナルホテル」の利用法

最近、ようやく記事タイトルの苦手意識がなくなってきました。


関連記事

 たびねす ホテル

Comment 0

What's new?