スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きままやブティックホテル 宿泊体験(01)

  08, 2016 07:00

ニセコ・きままやブティックホテルに泊まってみた 


Robo201606072034232.jpg
GWにニセコの「きままやブティックホテル」に宿泊しました。
一休なんかのサイトにもあったから、大丈夫だろうとは思ったけれど、
一瞬、ブティックホテル という響きに 「ラブホ?」と頭をよぎったのは秘密。

全然ちがってオシャレなペンションのような宿でした。

Robo201606072034231.jpg
この坂を登りきったところは、ニセコ比羅夫の中でもレストランなんかが立ち並ぶ
大きな通り343号線です。

なのに、うちのカーナビ、迷子になりました。
ぐるぐるこの近辺を回るはめに。。。
目の前にきても「・・・???」って感じになっていましたよ。
新しいのにっ!昨年12月のものなのに!

Robo201606072034230.jpg
このガラス張りの建物がレストランで、むかって右側が宿泊棟です。

Robo201606072034234.jpg

お部屋は一番小さなタイプの部屋を予約。ベッドの存在感がすごくて
そのせいでお部屋のスペースは狭いのですが、
収納が多くて、クローゼットや物干し系のフックやかもい、
タオルかけ(しかもタオルウォーマーが2つ)
と、不便な感じはなし。

スキーやスノボで服が濡れてもすぐに乾きそうです。
Robo201606072034233.jpg
お部屋にあるのは洗面所とシャワーブースだけですが、
貸切風呂が2種類あって1時間貸切にできるので、
ひろびろお風呂にしっかりと入れます。

Robo201606072034235.jpg

Robo201606072034236.jpg

ラウンジも広くていい雰囲気。
実はキッズルームも完備。

Robo201606072054377.jpg
さらにバーもあったし、電子レンジも発見。

どちらも使わず。ただ、お子さん連れのお友達グループが宿泊されていて、
キッズルームでお子さんが遊んでいたみたい。

Robo201606072058038.jpg
このホテル、海外の雑誌なんかでとりあげられているホテルで
海外旅行客(欧米・オーストラリア)の利用も多いらしく
宿の宿泊約款とか案内の書かれたものは、日本語と英語の二本立て。
むしろ英語充実。

Robo201606072058039.jpg
この宿の様子が取り上げられた海外の分厚い雑誌もありました。

でもって、夕ご飯、朝ご飯はこのレストランでいただきましたよ♪
Robo2016060720580310.jpg
ね?ここでしょ?

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

たびねすで書いた記事はコレ。
ココは外国!?海外旅行客に愛されるニセコ「きままやブティックホテル」

全然、紹介しきれなかったので、ブログでは
美味しかったお食事メインにご紹介したいと思います。


関連記事

 たびねす ホテル ニセコ

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。