「建仁寺両足院」庭園の特別公開 で半夏生をたのしむ

  20, 2016 12:00

期間限定とか特別公開 って 魅惑的♪ 


Robo201607162225465.jpg
京都の観光で最初にやってきたのが、ここ。
「はんげしょう」って言葉で思い浮かんだのが「半化粧」だったのが恥ずかしい。

建仁寺を調べたら、今、塔頭の両足院の半夏生が満開っていうのを見て、
私のために咲いている!(←超前向き)って思ったのでやってきました。
普段公開していないお庭を見られるだなんてラッキーです。

しかも、中では お寺の由来や開祖のお話なんかも伺えて
期間中ならではのよさがありました。

Robo201607162225462.jpg
梅雨の時期ってコケや緑も美しいですよね。
ここ2、3回の京都はあまり天候に恵まれていなかったので
晴れているだけで(暑くて大変だったけど)嬉しかったです。

Robo201607162225463.jpg
お寺の中のお写真はNGですが、中から外のお写真は自由に撮ることができました。
お寺への入口から、こんなお庭が広がっているのは想像しにくい感じで、
そういったところも京都を感じました。

Robo201607180639532.jpg
左手に見えるお茶室でお茶をいただくこともできます。
凄く迷ったけれど、建仁寺やほかにもまだまだ巡りたかったので
しばし お庭を眺めるのみとしました。

Robo201607180639520.jpg

Robo201607162225464.jpg

庭園は白砂と苔に青松が美しい唐門前庭、
枯山水庭園の方丈前庭、
京都府指定名勝庭園の池泉回遊式庭園からなっていて、
池を彩る半生夏と
期間中特別公開されている作品展も味わえました。

10001.jpg

暑い夏を涼やかな色とお庭で過ごせました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

京都って春や秋に特別公開をしているっていうイメージが強かったけれど、
夏にもあるんだ♪


関連記事

Comment 0

What's new?