星野リゾート トマムの記事を執筆中!目次とホテルのお部屋編

  13, 2016 10:00

星野リゾート トマムのたびねす記事目次


Robo201608130900360.jpg
7月に宿泊した星野リゾート トマムについて
少しずつ「たびねす」で記事を書いています。

いつも宿の記事って、1記事にまとめて書いているんです。
部屋の紹介や朝食の紹介、夜ご飯かお風呂か、ウェルカムサービス、
ホテルの設備、備品やアメニティ、ホテル周辺の観光スポットや立地など
よかったこととか覚えておいた方がお役立ちになることとかがあれば盛り込みつつ
1つの記事に宿泊した体験をまとめるのですが・・・

星野リゾート、終わる気配なし。

書こうと思ったことを書き出してみたよ。(最初の2つは日帰りのときのもの)

1.雲海テラスのスポットと雲海テラスで見られる雲海の種類
2.雲海テラスのカフェ
3.超豪華なトマピクリッチ
4.夜のカートツアー探検
5.雲海テラス貸切の露天風呂
6.ビュッフェダイニングハル 
7.リゾナーレ宿泊体験
8.水の教会
9.ニポチェアリフト(アドベンチャーマウンテン)
10.星野リゾート トマムで楽しめるアクティビティ5選
11.雲海テラスで楽しむ日の出 ベストポジション

ちょっと気が遠くなってきたので、ここら辺にしておいて。
リゾートって体験できることいっぱいあるんだ~って、体験したことを振り返って
タイトルを書いただけで実感しました。

体験した情報が古くならないうちに書きたいと思っているので
しばらくトマム記事、ほかの記事、トマム記事、ほかの記事って感じで
書いていくつもり。

写真はリゾナーレトマムのリビングで、ろぼたんの好きな旭川家具だったので、
テンションあがりました。
おうちのソファとろぼたんのイスは旭川家具なので、雰囲気ですぐにわかったの。
絶対あの工房のだっていうのと
コレ作ってたかしら?っていうのもあったので、もしかしたらホテルだから発注しているのかなぁ。

テンションが上がる!リゾナーレのお部屋


Robo201608130918212.jpg
こうしたリビングセットがあってもお部屋の広さが100平米以上と狭くなるどころか
むしろ広々とした空間を感じるリビング。
ろぼ家2個分。
掃除機かけるのも大変そうな広さです。

最初、リビングを見た夫は
「寝室ないけど、お布団で寝るのかな?」って思ったらしいです。(笑)

Robo201608130918213.jpg
当然寝室は別。この写真はベッドの上から撮影しました。(夫が)

バスルームはジェットバス、サウナ、シャワーブースとあって、
バスタブはすごく広いから、お湯だってなかなかたまならいよ!
温度冷えたら、落とすの?もったいない~!(追い炊き機能はありません)

Robo201608130934409.jpg
それでもせっかく泊まったんだからとお風呂には何度も入ってみた。
夏だし、お湯の量も多いのでなかなかお湯の温度は冷えなかったから
ぬるくなってもそのまま入りました!むしろ長風呂できる!(←もはや贅沢なのかケチなのかわからない
朝はお湯いれなして入りました。

「もったいない」って思うタイプの人は、夏がおすすめ。
ぬるくてもかえって気持ちよく長い時間入れます(笑)

Robo201608130918214.jpg

今回、高層階に宿泊できたので・・・朝には
Robo201608130922265.jpg
雲海が登場。部屋の中から雲海風呂ってどう?この贅沢。
でも、ほんの少し下の階だったら雲の中ってことでしょ?それはそれでスゴイかも。
飛行機の中レベルの景色が見えます。

Robo201608130900371.jpg
バブルスイッチがあってそれを押すとお風呂がぶくぶくとなる仕組み。
あと、お風呂の中、ライトアップ機能もありました。

通常、お部屋に入ったら、すぐに部屋の写真撮影をするのですが、そのときに
荷物の置き場に困ることもあるのですが、
今回は全く困らなかった。でも、テンション上がったせいか
写真の出来はイマイチ。(チェックイン時の天気もイマイチだったので天気のせいにする!)

結局たびねすの記事はこんなに写真を撮ったにもかかわらず、
ホテルから2枚かりて お部屋編は書きました…。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

広角レンズが欲しい。
関連記事

 たびねす 星野リゾート ホテル

Comment 0

What's new?