お値頃!「ホテルラヴニール美瑛」に宿泊

  28, 2016 15:00

ハイシーズンの美瑛や富良野で宿泊するなら!お値頃な宿「ホテルラヴニール」


Robo201608280303480.jpg
トマム、富良野と宿泊して、美瑛はパッチワークの丘を観光して
札幌に帰るつもりだったのですが、
あまりにも素晴らしい天気に恵まれたので、
ろぼたんとTokE、急遽 美瑛に宿泊することにしました。

でも、7月のちょうどラベンダーシーズン。当日の宿はけっこう厳しい。
実は2週間くらい前からその前後の宿探しはしてたのですが
どこもいいお値段で、しかも空きもほとんどなかったんですよね。

ハイシーズンってほんとどこも高いんだな~と思った中、
見つけました。

温泉でもないし、食事自慢ってわけでもなさそうだけれど、
すごく立地はいいし、外観もキレイそう。
しかも、ハイシーズン一人1万円しないで宿泊できる!朝食無料で2人で15,600円、当日予約。
これ、いいんじゃない?

最初、電話したら満室ですって言われたの。
じゃらんで空きあるって出てますけど・・・って申し出たけれどダメで
電話を切った後、別のサイトから予約してみたら予約OKって出たんですよね。

あれ?予約できちゃったね。

ホテルで抑えてあるのと、サイト用に抑えてある部屋は違う可能性があるので、
ホテルに直接行って、確認してダメだったら帰ろうということにして
行ってみました。

そうしたら、宿の前に「空き室あります」って看板が出てました・・・。
電話したとき、「今日は空きがない」って言ったの誰~~!!!と心の中で思いつつ
無事、チェックイン。

サイトがいっぱいでもホテルに直接連絡すれば空室があるっていうのはたまにあるけど
その逆があるっていう・・・不思議現象にあいながらも無事泊まれたのでよかったです。

部屋も清潔で広くて、文句はありませんでした。

Robo201608280303481.jpg

ただ、気になったのが、最初の写真にも写っていますが床にあったコチラ。

Robo201608280303482.jpg

何故床にボールペンがあるんだろう??
これ、夫もろぼたんも一度も触れることなく、宿泊中ずっとこの場所に。。。

部屋はきれいに清掃されていたし、清掃面で不満はなかったけれど、
なぜ床にボールペンがあったのかは謎。

ろぼたんたちの後に当日宿泊希望の人がきて
この日、結局ホテルは満室に。

それもそのはず、ココ、凄く立地いいんですよ。

Robo201608280308059.jpg

道の駅の隣なの。
っていうか、むしろ、くっついている。

Robo2016082803281912.jpg
ホテルの中から直接、道の駅の中に入っていけます。
駅、デパート、コンビニがホテルに直結しているところは今までにもあったけれど
道の駅は初めて体験だな~。

この宿に泊まれたおかげで、このときの美瑛観光はとても充実。

Robo201608280303484.jpg
美瑛の丘巡りも。

Robo201608280303488.jpg
お花畑めぐりも。

Robo201608280303487.jpg
青い池にも。

ゆっくり観光することができました。

朝食は無料のセットなので、特筆してスゴイお料理があるわけではないのですが
朝食があるのとないのでは全然違います。ビュッフェなので、足りないってこともなさそう。
一般の人が利用することもできます。(900円)

Robo2016082803281911.jpg

静かだったので、こんなに人が泊まっていたことに朝食のときに気づきましたが
満室だったので人がいて当たり前なんですよね(笑)

Robo201608280303485.jpg

夫は朝からカレーを食べていましたが、ろぼたんは軽めに。

Robo201608280103010.jpg
ホテルでは自転車も貸出ししていたのでレンタサイクルで丘巡りもよさそうです。

Robo2016082803080510.jpg
思ったより強気の値段設定だったけれど、観光地だからこんなもんなのかな?

体験工房もホテルと同じ施設内にあって、観光の拠点としはすごく便利なホテルです。
美瑛駅も徒歩3~4分くらいだし。
駐車場も無料。wifi完備。

私たちが宿泊した日、車椅子の方が宿泊されていたのですが、
廊下も広いし、部屋も広いし、段差も少なく利用しやすそうでした。

「たびねす」でも、こちらの宿をご紹介しました。
これは便利!道の駅につながっている美瑛「ホテルラヴニール」は
観光の拠点にベストなホテル


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

記事にさせてください ってお電話したら、「自由に書いてくださってけっこうですよ~。」と
すごく感じよく対応してくださって、最初の予約のときの電話の謎がますます深まった…。
も・・・もしや、違うところに電話したとか?
関連記事

 たびねす ホテル

Comment 0

What's new?