星野リゾート トマム 秋の夜長に楽しみたいこと3選

  29, 2016 08:00

星野リゾート トマムで夏~秋の夜に楽しめること


Robo2016082813262814.jpg
星野リゾート トマムのビュッフェを慌てて食べた理由は、
この「夜のカートツアー」に参加するため。予約の時間に間に合わせるために慌てたのです。
でも、そのかいある面白さでした~!
人気のツアーみたいなので、事前に予約することをオススメします。

まだ、出発時は日没前。ですが、ツアーの間にどんどんと暗くなって
月明りとランタン、カートのランプの明かりで運転に。
その運転だけでもけっこう面白くて、大人も楽しめるツアーです。

夜の森、そしてゴルフ場は虫がいっぱい飛んでいました。
とはいっても、カートで移動するから虫をふりきれる感じだし、
観察時は暗いところにいれば虫たちは明るいところに集まるので、
虫刺されにあうこともなく参加できました。
(ただし虫除けスプレーは必須)

私達が戻ってきた後、入れ替わりで次の回のグループが出発する形となっていて、
ハイシーズンは一日に何度かツアーは開催されるようです。

後の回の方が参加人数も多かったようでしたが、
その回だったら、ご飯をゆっくり食べられたかも。だから人数多かったのかな?
今回参加した「夜のカートツアー」では、エゾシカは群れでも登場したし、親子でもいたし、
キタキツネやうさぎも出てきて、かなりの遭遇率でした。

夏休みは「夜のカートツアー」で動物探検へ!星野リゾート トマムはドキドキがいっぱい

Robo2016082813262815.jpg
その後、「ミナミナビーチ」に移動。
夫が疲れた~といって駐車場で待っていたので、写真だけ撮ることにしました。
数年前に来たときは、日中泳いだのですが、今回はさすがに泳ぐ時間まで作れず仕舞い。
かなりのペースでアクティビティもこなしたのですが、
星野リゾート トマムのアクティビティ、多すぎ!(笑)
1泊2日ではやりきれないです!

波の出るプールの横にある「森林の湯」は
お風呂を利用するために訪れる人もいるくらいの露天風呂です。
できればもっとホテル棟の近くにあると嬉しい(笑)。

ミナミナビーチも森林の湯もザ・タワーやリゾナーレ宿泊者は無料で利用可能。
タオルやバスタオルも入館時にミナミナビーチ入口で貸し出してもらえます。

10003_20160828223317823.jpg
「森林の湯」は、この写真そのまんまのお風呂でした。ブルーな感じのライト。
大人も子供も外国の方もいらっしゃるので、前回ろぼたんが訪れたときは
少しにぎやかな感じはあったかな。
ただ湯船は広いし、目の前はバーンと自然が広がってる感じなので
窮屈な感じはありません。

たびねすでは、ミナミナビーチについてアクティビティ5選で紹介したけれど、
夜の雰囲気はご紹介していないので、とりあえずブログで。
夜の時間帯は泳ぐことはできないけれど、大人な雰囲気を味わえます。

家族で楽しい「星野リゾート トマム」アクティビティ5選はコレ!
北海道の大自然を遊びつくせ!


Robo2016082813262713.jpg
左下の写真は宿からお借りしたものですが、それ以外は
カートツアーから戻ってきたときに写真を撮ったものです。

焚火ワインバーが音楽の生演奏を聴きながら利用できるようになっています。
フリーのフルーツ水などと有料のバー利用があるのですが
北海道のワインがかなり揃っていて、ここでのんびりするのも楽しそうでした。

基本的に雲海テラスに行く以外のアクティビティの集合場所は
ザ・タワー1階で集まることになっていることが多く
たくさんアクティビティをするなら、ザ・タワーの宿泊が便利だと思います。

ちょっとした特別感や贅沢なひとときを味わいたいならリゾナーレ。
旅の目的で分けるのがいいかも。

どちらもキレイにリノベーションやリフォームなどが進んでいるので
快適に宿泊できると思います。

今回はリゾナーレに宿泊したのですが、贅沢した~って気分になる
お部屋の景色に広さでした♪

大人もはしゃぎたくなる広さ!「星野リゾート リゾナーレトマム」で過ごす贅沢な休日

宿泊者は無料で利用できたり、
アクティビティも年代を問わずに利用できるタイプのものも多いので
上手に旅のプランに組み込んでみるとかなり楽しめると思います♪

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

関連記事

 たびねす ホテル 星野リゾート

Comment 0

What's new?