お食事処「なんたい」・中禅寺湖 華厳の滝 近くで湯波・ヒメマスを

  11, 2017 08:00

お食事処 なんたい 魚の焼き加減が超絶妙 


2017_08_09_23_140 nikkou
湯波を食べるなら・・・と、何個かお店を教えていただいたうちの一つ、「なんたい」。
(高級店とお値段控えめなお店の両方を教えていただいたのですが、こちらは控えめなお店)
この日は、「星野リゾート 界 日光」に宿泊するので、 
きっとそこでも食べられるだろう と思って、湯波もつくけれど、メインではない
中禅寺湖でとれたお魚の定食にしました。

2017_08_10_23_474 日光

お店の雰囲気は、古くからの観光地で見かけるような古民家のような
居酒屋のような、小料理屋さんのような
当たればすごく美味しいけれど、ザ・観光地っていうこともありえる雰囲気。

この辺の判断って地元民じゃないと難しいと思います。

夫:自分たちでいきなりはここに入らないよね~。
ろぼ:この辺に並んでいるお店ってどこも観光地っぽい雰囲気だしね~。

2017_08_09_23_141 nikkou
お魚の他に、天ぷらとか湯波のお刺身もついてきます。

夫が食べたのがヤマメで骨までしゃぶりつくすように食べてました。
焼き加減が超絶妙。
皮はパリッ。中はふんわり。塩もしっかりしていて、魚はこうやって焼くんだぜ!
というレベルのお手本のように、泳いでいるような 串うちをきちんとして焼いています。

2017_08_10_23_472 日光
ろぼたんもヒメマスいただきました!
うまっ!

お魚はどちらも臭みなどいっさいなくて、身離れよし。
焼き魚の身離れのよさって鮮度と下処理、焼き加減のよさがないとならないもの。
これは大当たり。

ただ、お魚が焼けるまでは少し待ちました。(15~20分くらい)

2017_08_10_23_536 日光

焼けるの、まだかな~。

最近、たびねすのマスコットキャラクター、
タビーノとメグリーナをよく旅に連れて行っています。

2017_08_10_23_537 日光

カバンの中ですごい存在感。

2017_08_10_23_535 日光

電車の中で飛んでる雰囲気でるかな?って思ったけど、
ゴメン寝 状態。
頭が大きくて、座りが悪いので、途中で持て余すこともあります…が、
何だか愛着あり。

話が大幅に脱線しましたが、
湯波が、湯葉って書かないのが、食べてみてわかりました。

京都の湯葉は1枚だけれど、日光の湯波は重なって波のよう。
膜を二重にして引き上げたものが「日光の湯波」 一重で引き上げたものが「京都の湯葉」。
厚みに違いがあるの。

食感が全然違うので、感じる風味や味に違いがでます。
面白い。

お腹いっぱい食べて、集合5分前にバスに戻ってきたところ
バスを利用した人たち、全員戻っていて、最後でした。
みんな早い!お待たせいたしました!(5分前だけど)

いざ、界 日光へ。
関連記事

 たびねす 日光 グルメ

Comment 0

What's new?