パリ旅行編2012 その2(成田空港でウロウロ、発券から搭乗まで)

  27, 2012 00:46
移動中、何だか放送が流れたような気がしました。
特に最後の方・・・「~な方はシャトルバスにて移動ください。」
って言ったような気がします。

え!?~な方は・・・って前の方が大事じゃないか?
不安になってとりあえず夫のTokEに尋ねます。

「今の放送聞こえてた?」
「ん?何?」

あ。全然聞いてやしない・・・。

乗換には3時間の余裕があるので、万が一ターミナルが違っても
十分時間に余裕があります。
今までヒースロー空港でだってターミナル移動を自分たちだけで
できたのだから、現在地が今、わからなくたって、
ここは日本、臆することはありません。

正面の電光掲示板や、看板を確認・・・。

ない。
ないのです。


○○航空会社は第1ターミナルとか、
△△エアラインは第2ターミナルとか
そういった案内は書いてありますが、
ココは××ターミナルという案内がない!!

ココはどこ?って日本で言わなきゃいけないの!?
むーん。切なすぎます。

30~40メートルうろつきましたが、記載はありません。
そして、キョロキョロ、ウロウロする乗客多数。

やはり、皆さんわからない様子。オロオロしています。

Eチケットを見てみます。
成田空港 第2ターミナル着、エールフランスは第1ターミナル。
記載がありました。

ああ、よかった。
シャトルバスで移動です。
成田空港 パリ編_1
無事第1ターミナルに到着しました。早速チェックイン。
え?自分でチェックインしろ??
係員から自動チェックイン機を使って
搭乗券を発券するよう指示されました。

バージンアトランティック航空をヒースロー空港で利用したときにも
自分でやれっていわれたことがあるような気がするけれど
(結局、係員にやってもらいましたが・・・)
今は、日本でも自分でやるところがあるのね。
(エールフランス:日本国内の空港情報)

とりあえず、一緒に予約をしていれば、
1人分のEチケットの内容を入力すると、スルスルと機械の指示通りに
タッチしていくだけで、発券はすぐに終了します。
成田空港 パリ編_2
でも、一応、係員に尋ねました。
これは2人並びの席ですか?
そうだとの答えでとりあえず、発券作業は終了。
その後、カウンターに行くように指示されます。

そして、お約束の
「お預けになるお手荷物はございませんか攻撃」再び。
お手荷物攻撃_1

ないです。
ありません。
機内に持込む手荷物だけです。
ええ。荷物はこれだけで、機内に全部持込みます。
預けるものはありません。
この手荷物しかないので、スーツケースはありません。

この人には6回、答えました。

ヨーローッパにご家族2名以上で出かける場合、
スーツケースの1つは用意されたほうがボキャブラリーに困らずすみます。
海外に行く前に、自分の母国語力にすら不安を持っちゃいますから。

TokEさんがトイレに行くといって出かけた間に、
ろぼたんは100ユーロだけ追加で両替をしました。
これで手持現金は小銭を除いて500ユーロ。
カードもあるし、こんなに使わないかな・・・とも思ったのですが、
小さな買い物やちょっとしたカフェなんかでは
現金の方が使うことが多いかもしれないと思い直して500ユーロ。

ミュージアムパスはこれから購入することを考えると
100ユーロくらい足りない感じですが、まあ、なんとかなるでしょう。
そして、2人で現金は半分ずつ分けて持ちました。
成田空港 パリ編_3
準備万端です。
時計をみると19時40分。出発の21時55分まではまだかなり時間があります。
機内食はあるだろうけれど、ちょっと小腹を満たすことにしました。

食事をするところはまだたくさん開いていましたが、
ろぼたんが今回チョイスしたのはコチラ。
成田空港 パリ編_4
そして食べたのは当然、お茶漬け。
ヨーロッパに行くのだからきっと日本食が恋しくなるに違いありません。

うーん。思っていたより美味しい!!
サラサラ入る!!
お出汁のおかわりまでして食べちゃいました。
成田空港 パリ編_5
食事を終えて、チェックインカウンター付近にもどってくると・・・
人が、全く居りません。

どうやら、空港内のお店が閉まっていく時間のようです。
保安検査も出国審査もあるので、
時間はまだまだありますが、
TokEとろぼたんも搭乗口付近に行くことにしました。

そして、今回の保安検査では・・・
成田空港 パリ編_6

※ ちなみに初めからブーツを脱いでチェックを受けました。

難関を突破したので、あとは機内に乗込めば
足を踏み込む先はもうフランスです♪


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


関連記事

 空港

Comment 0

What's new?