ろぼ家、元気です!

  09, 2018 10:01

北海道胆振東部地震から数日たった札幌

ブログ用02018_09_09_09_53 
2018年(平成30年)9月6日3時7分 夜寝ていたところ、
大きな揺れがありました。
写真は9月6日 午前9時頃の大通公園。
片道1時間半くらい歩いて会社と自宅間を往復しました。
(通常は1時間くらいなのですが、信号機に電力がきておらず通行するのに時間がかかりました)

大きな地震だったため、被害も大きく
亡くなった人、家をなくした人、今も避難所で生活している人などもいます。

ですが、大部分の電気が復旧したことで、北海道全体としては
少しずつ、確実に日常生活に戻ってきています。

遠くに離れた友人たちから
心配の声、お見舞いの声をたくさんいただきました。
どうもありがとう。ろぼ家、元気です!

ろぼ家はガスと水道が無事だったので、ご飯には困りませんでした。
ちょうど寒くも暑くもない時期だったのも不幸中の幸い。

冷凍庫や冷蔵庫は扉を開け閉めをしなければ長くもつ。
という夫の知識も役立ち、冷凍のものが丸2二日間、溶けなかったことにもびっくり。

そば、うどん、オクラとかブロッコリーとか氷とか冷凍のものが
ちっとも溶けていなくて電気がつながってるんじゃないかと思ったくらい。
(冷蔵庫は冷蔵感が減っていたので確実に停電してました)

イクラの醤油漬けを冷蔵しておいたのを
悪くなったら嫌だなと思い、豪快に白いご飯にかけて食べたときには、
これはむしろ贅沢。。。と思うようなちょっと変なテンションになってました。

さすがに2~3日はガソリンスタンドや開いているコンビニやスーパーに
長打の列でしたが、それも落ち着いています。
生鮮食品が手に入りにくいとか、懐中電灯、ランタン、モバイルバッテリー、電池が売り切れ
といったことはありますが
大きな余震や大雨、台風など新たに他の要素が加わらなければ、
確実に日常に戻るはず。それも一気に。

そうなったときに、そのときまだ復旧していなくて困っている人のことや
消費控えの影響で打撃を受ける人のことを忘れずに行動したいと思います。

電力がダウンしたことで、北海道全域が被災してしまったけれど、
そんな中、お店をあけてくれたり、炊き出しをしてくれたり、お風呂を開放してくれたり
コインランドリーを開放してくれたり、と様々な助け合いをしてくれている人々には
頭が下がります。

そして全国的には大雨や台風で被害を受けた人もいるので、
そうした被災地も、そして北海道に住むすべての人に、普段の日々が戻ってきますように。

明日から会社も通常営業。仕事がきっと山積みです。

関連記事

Comment 2

よしお  

こんにちは

北海道地震は影響が全域っていいほど出てましたよねぇ~。
1日でも早く生活がしやすくなるように、ライフラインが良くなるといいですよねぇ(^。^)

Edit | Reply | 
ろぼたん  

よしおさんへ

ご心配いただきありがとうございます。
まだ手に入りにくい食材などもありますが、
札幌のライフラインはほぼ復旧しました。

Edit | Reply | 

What's new?